ビールがコレステロールと中性脂肪を抑制!?

適度な量のビールが、コレステロールや中性脂肪値の上昇を抑制し、動脈硬化を予防する。

ビールに含まれるホップが血液をサラサラに

 ビールが動脈硬化に効くと聞いて、驚く方も多いのではないでしょうか?
 最初に断っておきますが、当然、適量でなくては健康に逆効果です。あくまでも適量!
 大麦麦芽とホップを原料にして作られるビールですが、この苦味成分であるホップに、コレステロールや中性脂肪値の上昇を抑制することが判明しました。これにより、美味しくいただけて、かつ、動脈硬化も予防できるのでは?とその有効性が期待されています。
 健康への影響を考えると、だいたい400ml程度が適量といわれています。


   ん〜〜。もうちょっと飲みたいところですが・・・、


       ・・・我慢しますか。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】