大豆の栄養成分

大豆はすごい!大豆の栄養がコレステロールや血圧、血糖値を下げる!

大豆たんぱくと大豆イソフラボンが血中コレステロール値を・・・

 大豆は「畑の肉」とも呼ばれるほど、良質なたんぱく質を豊富に含んだ食材です。大豆たんぱくの50%を占めるグリシニンという成分には、コレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。同じく大豆に多く含まれるリン脂質の一種であるレシチンには、乳化作用でコレステロールを分解し、血管内でコレステロールが固まるのを防ぎ、動脈硬化を防ぎます。レシチンの主成分のコリンは細胞膜や脳、神経組織の構成成分であり、十分に摂取することでアルツハイマーや脳血管性のボケに有効とされています。レシチンとともに大豆脂質に含まれているリノール酸には、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを減らさないはたらきがあります。

 また、ポリフェノールの一種である大豆イソフラボンにはコレステロールや中性脂肪を下げる効果があります。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきをし、骨粗しょう症、更年期障害を予防するのに有効とされています。
 そのほか、不飽和脂肪酸の体内での酸化を防ぐ大豆サポニンや血糖値の低下に有効なトリプシンインタヒビター、メライノジンといった成分も大豆に含まれ、まさに生活習慣病予防にもってこいの食材です!大豆そのものを料理にしたり、大豆が原料となる食材、豆腐、豆乳、納豆など、毎日の食事にぜひ大豆をとりいれましょう!

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】