枝豆の栄養成分

大豆では期待できない、カロテンやビタミンCをも含む枝豆

良質なたんぱく質や豊富なビタミンCを含む枝豆

 現在市場に出回っているのは、枝豆専用の品種ですが、もともと枝豆は大豆の未熟豆。
 大豆と同じく良質なたんぱく質レシチンが含まれ、記憶力を高めて、老人性痴呆症を予防したり、余分な脂肪の排出を促して動脈硬化や脂肪肝を予防します。枝豆にはビタミンB群も含まれ、脂質や糖質、たんぱく質の代謝を促進して疲労回復に役立つほか、過酸化脂質の害を防いだり、血行を良くします。また、大豆では期待できないカロテンビタミンCもたっぷり含まれているのが枝豆の栄養的魅力のひとつ。ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫力を高めて風邪やがんの予防に効果があります。
 そのほか、枝豆には余分なナトリウムを対外に排出させて血圧を下げるカリウム、コレステロールや糖質の吸収を抑える食物繊維、骨を丈夫にするカルシウム、体内で酸素を運び貧血を予防する、細胞の新生に不可欠で風邪などの感染症を予防する亜鉛なども含まれています。植物性食品に含まれる鉄(非ヘム鉄)はビタミンCと摂ると吸収力がアップします。


お酒のおつまみに枝豆を

 枝豆の料理として、かき揚げや和え物、枝豆ご飯などがありますが、ビールのおつまみとして食べる枝豆っておいしいですよね!枝豆に含まれるレシチンには、肝臓への脂肪沈着を防ぐはたらきがあり、多量の飲酒によって引き起こされる恐れがある脂肪肝の予防にはピッタリ!枝豆って最適な『お酒のおつまみ』なんですね。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】