ごまの栄養成分

ごま特有の栄養成分セサミンやセサミノールのほか、リノール酸やビタミンEもたっぷり!

セサミンやセサミノールのほか、リノール酸やオレイン酸も豊富

 ごまが健康にいいということは古くから知られています。ごまには白ごま、黒ごま、金ごまなどの種類がありますが、どれも必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質と脂質が豊富で、ビタミンEもたっぷり含まれています。
 ごまの抗酸化物質のひとつセサミンは、ビタミンEの保護・強化やコレステロールの吸収を抑えるはたらきがあります。セサミノールには、細胞の老化やがん化の促進因子と考えられている過酸化脂質の生成を抑制する強力な抗酸化作用や悪玉コレステロールの酸化を防いで動脈硬化、高血圧、痴呆症を予防します。セサミノールは肝臓病や二日酔いにも有効とされる成分です。
 ごまに含まれる豊富なリノール酸オレイン酸などの不飽和脂肪酸やビタミンEは動脈硬化や老化の予防に役立っています。ビタミンEはセサミンとの相乗効果で、含有量以上の効果を期待できます。
 たんぱく質や骨を丈夫にするカルシウム、貧血予防に効くや皮膚、骨格の維持に有効な亜鉛といったミネラル、高脂血症や糖尿病、動脈硬化の予防・改善に有効なビタミンB群、コレステロールの吸収を抑制したり、大腸がん予防や便秘の予防・改善に有効な食物繊維などの供給源としても優れた食品です。
 毎日の食事にうまく取り入れて、健康長寿に役立てたい食品のひとつです。

ごまの栄養を効率よく摂るために

 ごまは、皮がかたいのでそのまま食べても体を素通りするだけで、中に含まれるせっかくの豊富な栄養をうまく吸収することは出来ません。ですので、消化しやすいように必ずすりつぶして調理に使用することが大切なポイントです。
 また、ごまをすったり炒ったりするのは、料理に使用する直前に行うのが良いとされています。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】