雑穀の栄養成分

雑穀は優れた栄養価を持ち、長寿食材ともいわれています。

精米に比べて栄養価が高く、長寿を招く健康食品

 近年、日本で昔から食されてきた雑穀の栄養価が見直されてきました。スーパーでも『五穀』とか書かれた商品を目にすることも多いかと思います。五穀とは、米、麦、粟、きび、ひえ、豆など、日本人が昔から食してきた穀物の総称であって、『5つの』という数を示す意味はありません。
 精米に比べて、雑穀はビタミンB群ミネラル食物繊維が豊富で血液をサラサラにして生活習慣病の予防に効果を発揮します。
 雑穀に含まれるミネラルには、余分な塩分を体外に排出するカリウムカルシウムの血管壁への沈着を防いで動脈硬化を予防するマグネシウム、インスリンの構成成分で動脈硬化を予防する亜鉛などがあります。
 ほかに、便秘の予防・改善や、大腸がんの予防、コレステロールの吸収を抑える食物繊維も豊富で血液をサラサラにします。食物繊維は、雑穀の中でも、とくに大麦に多く含まれていて、精米の約18倍にあたります。脂質や糖質の代謝を促進して、高脂血症や糖尿病、動脈硬化の予防・改善にはたらくビタミンB群も豊富に含まれています。きびや粟、ひえなどのたんぱく質には、血中の善玉コレステロールを高めて、脂質代謝を活性化する作用もあります。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】