小松菜の栄養成分

小松菜はカルシウム、鉄、ビタミンといった栄養成分が豊富。
コレステロール値を下げるクロロフィルも含む緑黄色野菜。

カルシウム、鉄、ビタミンといった栄養成分が豊富な小松菜。

緑黄色野菜のひとつである小松菜は、本来、冬が旬。小松菜はカルシウムや鉄、ビタミンといった栄養成分が豊富なほか、コレステロール値を下げるクロロフィルも含まれています。
 クロロフィルは緑色の色素成分で、抗酸化作用があり、発がんを抑える効果があります。コレステロール値を下げて、血栓を予防するはたらきも強く、高脂血症のほかに貧血の改善・予防にも効果を発揮する栄養成分です。クロロフィルは加熱に弱いので、さっと火を通す程度に抑えるのが料理のコツです。より血液サラサラ効果を期待できます。
 小松菜にはカルシウムも多く含まれ、鉄はほうれん草より多く野菜の中ではトップクラスです。カルシウムの吸収率を上げたいならビタミンDの多いきのこと合わせて料理をつくるのベター。そのほか、発がん抑止作用のあるイソチオシアナート、コラーゲンの生成を助けて発がん性物質の生成を抑制するビタミンC、骨粗しょう症を予防するビタミンKも含まれています。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】