きのこの栄養成分

きのこは食物繊維が豊富でしかも低カロリー。生活習慣病の予防に役立つ優秀な食品です。

食物繊維が豊富で、コレステロールの吸収を抑制

 なんといっても食物繊維が豊富なきのこ。便秘予防に効果を発揮するほか、動脈硬化の予防・改善にも有効。きのこの食物繊維に含まれるβ-グルカンという成分は、免疫力を高めて生活習慣病の予防や、腫瘍の抑制に効果的です。
 カリウムも豊富に含まれており、余分なナトリウムを排出し、血圧の降下に作用します。
 ビタミンB1、「美容のビタミン」ともいわれるビタミンB2、ビタミンDのもとになるプロビタミンD(エルゴステリン)などもきのこの栄養成分として挙げられます。ビタミンB群は高脂血症のほか、糖尿病や動脈硬化の予防・改善する栄養成分。プロビタミンDは、白きくらげに含まれ、紫外線に当たるとビタミンDに変わる物質で、がん細胞に栄養を送る新生血管を抑えて、がんを縮小させます。
 しいたけに含まれる特有の成分エリタデニンは、血中のコレステロールや中性脂肪を減らしたり、動脈硬化の改善、血圧降下、脳血管性痴呆症を抑制します。干ししいたけに豊富に含まれています。まいたけ特有の成分、X-フラクションはインスリンを正常に保って、糖尿病の予防と治療に効果が期待されています。


きのこの栄養を効率よく摂るために

 きのこはカルシウムの豊富な食品と一緒に摂ると、プロビタミンDがカルシウムの吸収を助けて骨に蓄積させるはたらきをします。さらに、油を少量でもかまわないのでプラスすることでビタミンDの吸収も促進されます。
 また、たんぱく質食品と一緒に食べれば、きのこに含まれるビタミンB2との相乗効果により、美肌効果が絶大!肌を美しく保ちたいならおすすめの組み合わせです。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】