トマトの栄養成分

トマトに含まれるリコピンはβ-カロテンの2倍の抗酸化作用!
リコピンが動脈硬化、がん、老化、アレルギーの抑制に効きます。

トマトに含まれるリコピンはβ-カロテンの2倍の抗酸化作用

  「トマトが赤くなると、医者が青くなる」ということわざがあるほど、トマトは栄養価の高い食品。ビタミンC、E、β-カロテンが豊富と、健康と美容には欠かせない栄養素がいっぱい!
 トマトの最も注目すべき栄養成分は、リコピン。トマトのあの赤い色素のもととなっており、抗酸化力が強く、β-カロテンの2倍、ビタミンEの1000倍!活性酸素を強力に除去します。活性酸素は体内で過剰に発生すると、動脈を覆っている内皮細胞に傷がついて、そこに悪玉コレステロールが付着します。そして活性酸素により悪玉コレステロールが酸化して動脈硬化が進行するのです。リコピンはコレを防止します。がんや動脈硬化、老化、アレルギーの抑制に大きな効果を発揮する、本当に栄養価が高い食品です。生で食べるより、加熱調理したほうがリコピンの吸収率はあがります。美容にも効果があります。
 つづいてβ-カロテン。体内で必要に応じてビタミンAに変わり、皮膚や粘膜、免疫機能の健康維持にはたらきます。ビタミンAに変換されないβ-カロテンは、抗酸化作用があってがん予防や老化防止に役立ちます。ビタミンC、ビタミンEも豊富なほか、トマトにはビタミンPも含まれます。ビタミンPはビタミンCの酸化を抑え、毛細血管や血管壁を丈夫にするはたらきをします。
 トマトの栄養成分として、ほかには、余分なナトリウムを排出させるカリウム、抗酸化作用があり、老化、動脈硬化を防ぐセレンというミネラルもあります。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】