鮭(さけ・しゃけ)の栄養成分 アスタキサンチンを含む食品

鮭に豊富に含まれるEPAや色素成分アスタキサンチンが動脈硬化を予防

アスタキサンチンの強い抗酸化作用が血液をサラサラに

 鮭(さけ・しゃけ)のあの赤い色素成分はアスタキサンチンと呼ばれるもので、本来青色ですが、加熱することによって赤色に変わります。抗酸化力が極めて高い栄養成分で、ビタミンEの約550〜1000倍にも相当するといわれ、老化やがんの引き金となる活性酸素から体を守り、血液をサラサラにして、動脈硬化を抑制します。鮭は川に遡上するとき、強烈な紫外線を浴びるため、活性酸素が大量に発生しますが、強力な抗酸化力を持つアスタキサンチンが活性酸素を除去して、鮭の身を守ってくれるんです。アスタキサンチンは、発がん抑制や糖尿病腎症の抑制、眼精疲労の改善、免疫機能向上、ストレス解消などにも役立つ栄養成分です。アスタキサンチンを含む食品には、鮭のほかにきんめだいやえび、かに、いくら、すじこなどが挙げられます。  鮭(さけ・しゃけ)には、風邪に対する抵抗力をつけるビタミンAや、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、高脂血症や糖尿病、動脈硬化の予防・改善に有効なビタミンB群なども含まれています。


さけを余すとこなく活用する

 鮭は捨てるところがないと言われるほど、あちこち食べることができます。
 鮭の卵はすじこやいくらに、氷頭(ひず)と呼ばれる頭の軟骨には、関節の動きを滑らかにするムコ多糖類が豊富です。うすく切ってなますにすると美味。頭やアラはかす汁やアラ煮に、中骨はだいこんといっしょに船場汁、胃臓はめふんに、皮は湯引きにして酢の物にしたりと。。。
 まぁ、味の好みもあったりして、ここまで徹底的に家庭で利用する人もごくまれかと思いますが・・・。
 で、自宅でも簡単にできる、お酒のおつまみをひとつ紹介。
 鮭の皮を適当な大きさに切って、脂でカラッと揚げて塩を振る!
 これだけで、美味しいお酒のおつまみが一品出来上がります。ぜひ、おためしあれ!  

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】