カリフラワーの栄養成分

カリフラワーに含まれるビタミンCは淡色野菜の中でトップクラス!

カリフラワーの豊富なビタミンCが血液をサラサラに

 カリフラワーは淡色野菜なのに、ビタミンCが豊富に含まれ、淡色野菜の中では含有量トップクラスです。しかも、カリフラワーに含まれるビタミンCは加熱による損失が少ないので、ゆでて食べてもOK!ビタミンCには抗酸化作用があって、風邪やがんの予防に効果的なほか、シミやそばかすなどを防ぎ美肌効果も◎。血液をサラサラにして血管をしなやかに保ちます。
 イソチオシアナートというイオウ化合物もカリフラワーには含まれいます。イオウ化合物は、血液をサラサラにしたり、コレステロール値や中性脂肪値、血糖値を正常にコントロールするはたらきがあります。発がん抑制作用ももっています。
 カリフラワーには、がんの予防に効果がある栄養成分として、ほかにも、がん予防だけでなくがん、腫瘍の増殖を抑制するステロールや、発がん物質を無毒化するインドール、発がん抑制効果があるフラボノイドの仲間フェノール、がんの増殖を抑えるイオウ化合物MMTS(メチルメサネサイホスルホネート)が挙げられます。
 がんの予防のため、なるべく摂ってほしい食品です。
 また、カリフラワーは食物繊維も豊富でかぼちゃに近いものがあります。カリウムも多く含まれますので、コレステロールや血圧の低下に効果的な野菜です。


カリフラワーの栄養を効果的に摂取するために

 カリフラワーにはビタミンCが多く含まれていますが、たんぱく質食品と一緒に摂取することで、ビタミンCも効果的に摂取できます。これによって、ストレスの解消や美肌効果がアップします。
 また、ビタミンCとビタミンEは体内で互いに助けあるはたらきをしますので、ビタミンEの多い食品と組み合わせることで、よりいっそうの相乗効果を発揮します。

亜麻仁(アマニ)油という油をご存知でしょうか?
健康に関する雑誌やテレビ番組でときどき取り上げられているのですが、外見や味がゴマに似た亜麻という植物の種子(これを亜麻仁(アマニ)と言います)から作った油(オイル)で料理に利用できるほか、美容や健康のために飲まれる方もいらっしゃいます。
亜麻仁には食物の中で最も多い、100g中23gという量のα−リノレン酸が含まれており、これが話題になっているようです。
ご興味のある方は、下記バナーをクリックしてご覧になってみて下さい。日本製粉グループの会社が販売しているので、商品そのものに安心感・信頼感があると思います。

【スポンサードリンク】